〒289-2505 千葉県旭市鎌数4314

​電話:0479-62-1982/FAX:0479-62-1982

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン

© 2019 by 鎌数伊勢大神宮 of Site. Proudly created 

人生儀礼

人生儀礼について

日本の伝統的な文化として、人生儀礼があります。こちらのページでは主な人生儀礼についてを説明しております。いずれも当社で執り行っている祭祀・式典となりますのでご不明な点がございましたらお気軽にご来社、お電話くださいませ。

安産祈願

妊娠五ヶ月目以降に神社で安産を祈願し、帯祝いと称して戌の日に妊婦に腹帯を巻きます。戌の日に腹帯を巻く理由としては犬は多産ということにあやかるためや、よく吠えて家を守るため邪気を祓う意味があるといわれています。

​安産祈願は必ず戌の日に行わなければならないわけではありません。ご自身の体調がよろしい日にお越しいただいて、戌の日に腹帯を巻き安産を祈りましょう。​​

命名

「命名」は人生において最初の儀礼です。

姓名に運勢が宿るとする姓名学に則り、当社では名づけのお手伝いをさせて頂いております。

 

当社で行っている命名の方法としては、まずご両親やご家族で考えられた候補をお持ちいただいて神社で鑑定いたします。その際に漢字の意味や画数などにより場合によっては別の漢字のご提案などをさせて頂いております。

最終的にはご家族様で決定して頂く流れとなりますので、是非お気軽にお問合せくださいませ。

初宮参り

子供が初めて神社にお参りする初宮参りは、氏神さまに誕生の奉告と御礼をし、氏子として今後の健やかな成長を神さまに見守ってもらうようにと祈願するものです。一般的に男の子は三十一日目、女の子は三十三日目に行われていますが、地域によって異なることもあります。子供の体調や天候などにも気を使い、一般的にはこれらの期日の前後で、最良の日を選んでお参りをします。

七五三参り

七五三は、古くからの風習である三才の「髪置かみおき」、五才の「袴着はかまぎ」、七才の「帯解おびとき」に由来するといわれています。七五三では、子供が無事に育つことができたことを皆で祝い、これまで見守って下さった氏神様やご先祖様にお参りをして感謝の気持ちを表し、これからの健やかなる成長をお祈りしましょう。

​※数え年、満年齢どちらでも構いません。

十三参り

古くは十三の歳に知恵を授かりに社寺へ赴くという信仰がありました。小学生から中学生へと成長するこの歳はまさに節目の歳と言えます。子供が大きく羽ばたき始めるこの歳に神様から学業成就と身上安全のご加護を頂く為に家族そろって神社にお参りしましょう。

​※小学校卒業年度の3~5月に受けるのが一般的です。

成人奉告祭

神様に成人になったご奉告とこれまでのご加護に感謝を申し上げると共に、今後ますますのご加護をいただくよう御祈願する祭典です。